相続の疑問に、家族信託が応えられること
遺言書、生前贈与…
大切な資産を願い通りに次世代に託すなら

相続トラブルや税金対策としてあげられる遺言書や生前贈与。しかし、それぞれに「できないこと」「気をつけること」があることをご存知でしょうか。家族信託を含め、相続対策はメリット・デメリットを踏まえた上で、ご自身に適したものを選ぶことが大切です。

  • 長男に自宅を継がせたあとは次男の子供に。遺言書で希望を伝えられる?

  • 生前贈与だと、税金があまりかからないってホント?

  • 寝たきりになったら、最後は面倒を見てくれた介護人に財産を残したい。親族以外でもできる?

    二次承継は遺言書では ×
    贈与税がかかり税負担が…
    法定相続では ×
  • 資産を託す人を優先順で伝えられる

  • 信託設定時に贈与税はかからない

  • 親族以外への承継もできる

かけがえのない家族にベストな相続を。
家族信託にできること

  • 株・不動産・貯金それぞれの相続先を決められる
  • 介護費用の工面方法をあらかじめ決められる
  • 様々な想定のもと、相続の仕方を設定できる
  • 相続先の優先順位を設定できる(二次相続)

こんな方は、今スグ、家族信託のご検討を!

  • 預貯金の他に不動産や株などの相続を考えている
  • 相続人がいない
  • 誰に相続するかを決めておきたい
  • 親族が近くにいない
  • 相続税や贈与税が心配
  • 認知症対策費用が、保険だけでは心配
  • 相続トラブルが不安
  • お金のことで子供に負擔をかけたくない

費用について

ご相談は無料!本人のご希望、資産内容から
最適な家族信託プランをご提案いたします

家族信託推進協会には、信託に関わる司法書士や税理士、行政書士のほかにも、宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーなどが在籍。
そのため、事前のご相談段階から所有する不動産価値などもお話することができます。ぜひお気軽にご相談ください。

家族信託のお問い合わせ
電話でのお問い合わせ
03-6426-1411
東京都品川区戸越5丁目18-16-2F
受付時間 10:00-18:00 [不定休]
メールでのお問い合わせ