- 個人の方 -
認知症や体調に不安がある方
家族信託とは、
資産を「想い」で結ぶ
約束のカタチです。
家族信託で尊重されるのは、
ご本人の意思です。
資産や土地を誰にどう託すか、
自分自身が認知症になったときに
資産管理を誰に任せるかを、
あらかじめ「信託」を結ぶことで
決定することができます。
大丈夫ですか?
見落としがちな“終活”前の“生活”
本当に!?
争族??
残した家のことで
子供たちの仲が悪くなる?


認知症になってからでは
家族信託は結べないのか!?
できれば…
自由が利かなくなった時
こまごましたことって息子や嫁には
お願いしにくいわよね…

気兼ねが少ない実の娘に
介護の手続きやお金の管理を
お願いできたら…
どうしよう…
もし介護施設や老人ホームの
サポートが必要になったら
手厚いサービスを受けられる
ところが良いと思うけど…

子供も進学を控えているし、
貯金だけでは不安。


実家の両親も
妹に任せてばかりだし…
うそっ!
認知症になると不動産の処分・
管理ができない!?

このままだと法定後見制度が適用に
なって裁判所が後見人を決めるのか…

えっ!? 後見人は司法書士や
弁護士が指定されることが多く、
毎月その費用も支払うのか!?
家族信託のタイミングは、認知症発症前。
だから、認知症発症後の資産管理を含め、
ご本人の意思に沿ったカタチで資産承継を行えます。
生前贈与や遺言書の作成、認知症発症後の成年後見制度など、資産承継方法は様々です。
しかし、それぞれにメリットがある一方で、デメリットのことも考えなければなりません。
家族信託は、より自分自身の「想い」を尊重したい方に選ばれている制度です。
※二次相続とは、指定した相続人(一次相続人)が亡くなった後に起こる二回目の相続のことです。
家族信託のお問い合わせ
家族信託がもっとわかる
『リスのお母さんの心配ごと』 無料配布中!
お問い合わせフォームの「お問い合わせ内容」に
「冊子希望」と明記の上、必要事項にご入力ください。
電話でのお問い合わせ
03-6426-1411
東京都品川区戸越5丁目18-16-2F
受付時間 10:00-18:00 [不定休]
メールでのお問い合わせ