病気の不安に、家族信託ができること
認知症、脳卒中、事故…もしものことがあったら、
そのとき資産は?生活は?

年齢を重ねるごとに増す病気への不安。そんな「もしものとき」に困ってしまうのが、生活費や医療費のこと。事前に対策を行わず本人の判断能力が衰えてしまうと、日々の生活が滞ってしまうことも…。家族信託なら、万が一を想定して資産の運用・管理をあらかじめ決めておくことができます。

  • お金の入出金

  • 賃貸借契約

  • 不動産の管理・運営

  • 不動産の売却

  • 借入れや返済

  • 有価証券の売却

  • 定期預金や生命保険の解約

  • 認知症になるとアパートの更新ができない。

  • 体の自由がきかず、入院費用等お金が必要なときに銀行に行けない。

  • 脳に障害が残ると、預貯金の出し入れができない。

事前のご相談は無料です
まずはあなたのご希望をおお聞かせください

家族信託推進協会には、信託に関わる司法書士や税理士、行政書士のほか、ファイナンシャルプランナーなども在籍しています。
ご相談者様のご希望から信託プランをご提案いたします。

家族信託のお問い合わせ
電話でのお問い合わせ
03-6426-1411
東京都品川区戸越5丁目18-16-2F
受付時間 10:00-18:00 [不定休]
メールでのお問い合わせ